2006年08月24日

広告関係者必読

個人的には、今年のナンバー1決定です。

年間にすると、新旧含めて200冊ぐらいの本を読みますが、
ここまで内容に共感できたものは久しぶりです。

広告業界・広告担当・関係者、必読っす。
批判本ではなく、前向きな提言本として必読です。広告
に対する考え方を新しく構築できるかもー。


広告と言う仕事に興味を持ち、関わるようになってから
既に20年弱になりますが、ついに来るべきときが来たと
いうのが実感。

湯水の如く、大金が注ぎ込まれてきたテレビCMが変わる
いいきっかけになるのでは。
ならなきゃダメってことに気づいていただけるだろうと。


一概に「テレビCMは効果が分からん」ってのは、ただの
勉強不足ですし、「インターネットは分からん」では、
既に論外ですし、消費者だけでなく、媒体も、広告主も
成長が求められてるってことでしょうねー。


様々なメッセージを伝える手段として、テレビCMは依然
健在ですし、その影響力も当分は絶大でしょう。


効果測定ができるインターネット広告と、他の広告媒体
を「正しく」使い分けて、絡ませて。
今や当たり前になりつつありますが、「●●●で検索」
なんですよ、ユーザー目線では。URL打ち込めったって
難しいでしょ、自分だって。。

音声と映像付きでメッセージを発信できる強みがある
ので、その反応をインターネットを使って正確に把握
したら、今の段階では満点です。やってないから。
posted by klp at 10:02| Comment(0) | TrackBack(0) | 仕事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/22738540

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。