2007年06月08日

年金問題

いまさらではありますが、ようやく『国による詐欺』の実態が明らかになってきました。

10年くらい前から言われていたように記憶してます。これは、詐欺みたいなモノだって。

私もその意見に同感でした。今も変わらず。理由はいくつかありますが、誰でも気が付くのは、予測不能な勢いで増え続ける受給者に対して、払えるわけがないってことです。

史上空前の赤字国家で、現在も赤字国債を発行しまくっている政府に、予測して、対応する能力があるかどうか、、、少し考えれば分かりますよ?
まずは、年金を予定通りに受給できるってことを諦めることから始めます。

でも、今や、年金加入は義務付けられているので、せめて選択制にして、詐欺から逃れる選択肢を用意してもらいます。

これで被害は最小限に抑えられるでしょう。30代以下の人にはリアルですね。

今、国会で議論されてる内容は、いいとこ、10年後までの話かと。支給開始年齢を引き上げて粘っても、20年後には崩壊すると思います。

議員年金・共済年金も一元化されていれば、もう少し、まともな議論になっていただろうに、彼らの年金は確保されてるのだから、全く期待はできません。

こういう人達を偽善者というのでは。。。


参議院選挙では、現時点での国民の、有権者のレベルが問われます。
posted by klp at 15:27| Comment(0) | TrackBack(1) | 生活 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック

おれはエステティシャン
Excerpt: 女の体をいじりまくってお給料もらえたwww まじ最高www
Weblog: さわだ07
Tracked: 2007-06-11 01:48
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。